木枯らしが吹き、街路樹の落葉が進む霜月。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
キンドる速報レビュー担当の、愛羅武IKEA☆カンザキです。

レビュー第2回目でご紹介する電子書籍はこちら、

夏は暗殺の季節夏は暗殺の季節
著者:小関悠
(2012-10-24)
販売元:Amazon.co.jp

就職難でサラリーマン暗殺者となった主人公は、敏腕の先輩とともに、金沢へ暗殺出張に行くが、東京に戻ると同僚が出社拒否をはじめだす。突然の深夜勤務、暗殺者同士の派閥争い、外資系の暗殺企業からの引き抜き、満員電車での通勤、暗殺遺族会の抗議活動、営業の無茶な注文、同僚の死、フリーランス暗殺者の台頭など、次々と発生するトラブルを相手にしながら、主人公は依頼どおりに暗殺をこなせるか。


職場と家の往復、独り暮らし、恋人無し、人生に迷いはじめるアラサー世代。
そんな哀愁漂う企業戦士たちに読んでいただきたい、究極のブラック会社につとめる男の話です。

まるで虫ケラのように…


物語は夏のある日、依頼された暗殺を行うところから始まります。

あらかじめ申し上げておきますが、殺人は『犯罪』です。のっぴきならない事情があっても、「ダメ、ぜったい☆」です。
しかし、主人公は、暗殺専門企業のサラリーマンで…どうやらこの世界は、『暗殺』というお仕事がまかり通っている模様。

同僚と協力しながら淡々と任務をこなしつつ、ふと感じる人肌恋しさ。
たくさんの人間と交流し命を奪い、いつか自分の行く末を考えはじめます。

物語全体で、結構な人数が虫ケラのように亡くなりますが、殺伐としたシーン以外に主人公のプライベートな描写もかいま見ることができます。
特に心に刺さったのは、同棲中の恋人が何も言わず出て行ってしまう場面。
過酷な労働はいつか、孤独な心を疲弊させます。

エンディングで主人公が下す決断とは?

タイトルに関係なくオールシーズン読めますし、裏社会モノがお好きな方、失恋ものが気になる方も、お楽しみいただけるかと思います。暗殺なのでサスペンス小説かと思いきや、ヒューマンドラマ要素大きめです。
ぜひ一度、お手にとってご覧ください。


  • 夏は暗殺の季節
  • 著者:小関悠
  • 価格:200円
  • 読了にかかる時間:約1.5時間(個人差があります)
殺人度
★★★★☆(4)
キャラ立ち度
★★★★☆(4)
ブラック企業度
★★★☆☆(3)
総合
★★★★☆(4)

コメント

コメント一覧

    • 3. あ
    • 2012年11月25日 18:53
    • 面白そうやな 映画にして見てみたい もしくは深夜ドラマでやってくれ 人間くさい主人公やな タイトルなんとかならんか
    • 2. あ
    • 2012年11月22日 03:35
    • つまらなそうと思ったのは俺だけじゃないな。
      ステマか宣伝か知らないけど中二っぽい
    • 1. ?
    • 2012年11月20日 21:06
    • 人殺しエンターテイメントはきらいぢゃ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット