みなさんこんにちは!
今年の目標決めました☆カンザキです。

先日、東京・湯島天神にお参りに行って来ました。神頼みの絵馬は大量で、棚に直接掛けられず、絵馬に絵馬を結びつけるまさに芋ヅル状態。
願掛けする内容は「志望校の合格祈願」がほとんどでした。学業成就にご利益のある同社ですから当然です。
では、学業を就職に活かせたら「最終的な学業成就」になるのでしょうか?

本日は、『これから就職活動を始める人』『内定が取れなくてもがいている人』『とりあえず就職したけど疑問を感じている人』『各企業の人事担当者』に読んでいただきたい一冊をご紹介します。

働く前に読んでおきたい6つの話働く前に読んでおきたい6つの話
販売元:NHN Japan株式会社
(2012-12-28)
販売元:Amazon.co.jp

「意見をつなぐ、日本が変わる」をキャッチフレーズとする提言型ニュースサイトBLOGOSに掲載された就活・雇用関連のエントリを集めた特別版。過去の人気エントリに加えて、BLOGOSブロガーである大石哲之氏、松井博氏の特別寄稿記事も掲載しています。


提言型ニュースサイト


BLOGOSとは、就活・雇用関連はもちろん、海外情勢、国政、エンタメなど、さまざまなニュースを独自の視点から切り込むブロガー達の提言を、集結&発信しているニュースサイトです。

その中から特に提言性の高い『就活・雇用』記事をピックアップし電子書籍化しました。
BLOGOS編集部員が取材中に「これは就活のときに知っておきたかった」と感じたインタビューや対談を掲載しています。

働き方、というテーマ


毎年1月現在ですと、来年卒業予定の学生が就職活動をはじめる頃、かつ今年卒業見込みの学生が駆け込み内定を求める頃でしょうか。

働く前001


かつて受験し進学し卒業年を迎えた諸君は、就職という合格祈願をすることになるのでしょう。(就活ドロップアウト者を除く)
前書きには、

多くの人は数十年間、「働き方」というテーマと付き合っていくことになります。だからこそ、社会に出る前に「会社を選ぶとは、どういうことなのか」「働くとは、どういうことか?」を知っておくことは非常に重要です。


とあります。
今はわからなくても、知ろうとする姿勢が数十年後の結果に繋がります。
本書の書き下ろしにこんな言葉もあります。

人間は黙って寝転がっていても成長しません。自分を知り、世の中を知り、仲間たちと切磋琢磨し、苦楽を共にしてひとつひとつのゴールをクリアしてゆく。そこに人間としての成長があります。(中略) さまざまな取引先とふれあい、そこで働く人達のものの見方から学ぶことも多いでしょう。そうした経験それ自体が、私の考える「働く意味」です。
(松井博/Blog)


新年ですし、今年の願望だけじゃなく、数年後どんな自分に成長していたいかという願望も描いてみてはかがでしょうか。
すでに就労している大人にも響く、『働き方』や『働く意味』を考えさせられる一冊です。
ぜひお手にとってご覧ください。

働く前002


就職できそう度
★★★★★(5)
ボリューム度
★★★☆☆(3)
意識が高い度
★★★☆☆(3)
総合
★★★★☆(4)


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット