こんにちは!
つんどく速報ライター☆イマガワです。

ブラック企業、高い離職率、新卒社員のミスマッチング……。現代人にとって日々の糧を得るための仕事、すなわち職業は、最大の関心事であるとともに悩みのタネにもなりがちです

今回ご紹介するのは、ズバリ『天職をみつけるための指南本』です。


天職・適職・凡職・愚職天職・適職・凡職・愚職 [Kindle版]
著者:奈良崎 仁志、みんく・いるか
出版:かなえる文庫
(2013-03-21)

あなたは今までの人生で自分にとっての「天職」が
何であるのかを真剣に考えた事はありますか?

多くの人々が今現在、大好きな仕事を「天職」と答えます。
そしてそんな大好きな仕事に就く事ができれば、
いつか人生の目的に気付くだろうと信じています。

■第一章・労働が苦行になる理由
■第二章・天職とは幸せの青い鳥
■第三章・潜在意識と会話する方法、

※製品版は、ヨコ書きです。下記プレビューはPC向けです。



苦労働をしていた父を見て……


社会の最小単位は家族。そして、子供がいちばんはじめに影響をうける職業人はです。本書『天職・適職・凡職・愚職』の著者は、はたらく父親の姿をみて釈然としないものを感じていました。

 子供の頃、もっともショッキングだった出来事は毎日、勤務先の上司の陰湿ないじめにあい、泥酔して苦しむ父親の姿です。

この光景が頭から離れなかった著者は、思い悩んだ結果『本当に幸せに生きる為には、幸せと感じる仕事を自分で必死に探す事』を決意します。

整体師が語るユニークな職業論


著者によれば、職業には、『天職』『適職』『凡職』『愚職』の4種類あるそうです。

天職』とは、潜在意識に適合し、あなた自身が遺伝子レベルで理解していて……

あっ、戻らないで! ちょっと待ってください! 本書はインチキスピリチュアル系の本ではありません。スピリチュアルはせいぜい隠し味程度のものであり、その主張は常識の範囲内のものです。警戒せずに読んでください。

あしたのジョーに見る天職の黄金パターン


出崎統監督によるアニメ版の直撃世代という著者は、矢吹丈の生き方こそが『天職』を体現していると述べています。

丹下段平との出会いからは、天職というのは、自分よりも周囲の人のほうがよく知っていることを学べます。ライバルである力石徹との出会いは、単なるケンカ野郎だったジョーに目的を与えました。

そして、新たなライバルとして登場したカーロス・リベラは、ジョーにとっては兄にような存在であり、著者はこのエピソードから『メンターの重要性』を説いています。はじめはギャグかと思っていたのですが、けっこう腑に落ちることが書いてありました。

あの有名ブロガーの主張とも共鳴!?


『あなたの仕事は苦労働ではないですか?』『メンターを探せ』『それが適職や天職であるならば、ダブルワークやトリプルワークでも構わない』『本業/副業という言葉はそもそも変だ』等々。

これらのフレーズは『年収150万円で僕らは自由に生きていく』の著書などで有名なイケダハヤトさんにも通じる職業観ですね。

まさに共鳴とでも申しましょうか、今回ご紹介した奈良崎仁志さんも、50年以上の人生経験や前世記憶CDなどで、おなじような結論に達しています。世代もアプローチも異なっているのに、着地点がほとんど同じです。

リーマン・ショック、大震災、アベノミクスなど、社会状況がめまぐるしく変動する現代日本のなかで人々が抱えている不安を、とてもよく反映している1冊でした。

Kindleストアでサンプルが無料で読めます。お試しください。(スマートフォン、タブレットでもOK)

「転職の参考になる」度
★★★☆☆(3)
「スピリチュアル」度
★★★☆☆(3)
「マルチクリエイター」度
★★★★☆(4)
「総合」
★★★☆☆(3)

著者について


奈良崎仁志さん(Facebook)。『ならさき・ひとし』と読みます。東京都足立区千住の『みずはの整体院』で、タイハーブの温熱パットを使用する整体施術を営んでおられます。

ちなみに、イラスト担当の『みんく・いるか』は、奈良崎さんのペンネームです。東京デザイナー学院を卒業後、グラフィックデザイン技能を武器にして、広告・映像・出版の世界を渡り歩いてきたのち、現在の整体院経営にたどりついたそうです。

あなたの一冊をレビューします


つんどく速報では、電子書籍のレビュー候補を受け付けています。
ご応募はこちらから。
おもしろい電子書籍を教えてください(自薦・他薦を問いません)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット