こんにちは!
つんどく速報ライター☆イマガワです。

ざっくり言うと


・人気ブログ『ツカウエイゴ』を著者みずから書籍化
・関西弁で読むアメリカ現地文化
・身近な内容なので、楽しみながら実用的な英語を学べる

アメリカで知った日常英語アメリカで知った日常英語 [Kindle版]
Riho (著)
出版: ツカウエイゴ; 2版 (2013/12/29)

私は2008年に渡米するまで、もっぱら英語教材で勉強していました。
ところが、いざ渡米してみると、あんなに一生懸命英語を勉強したはずなのに、わからないことだらけ。ごく身近にある英語でつまづくのです。

よく考えると、私は渡米前、アメリカの日常生活で具体的にどのような英語に出会うのかあまり考えたことがありませんでした・・・

本書では、そんな私が日常生活で覚えた英語を紹介する『ツカウエイゴ』というブログをまとめたものです。英語を通して、少しでもアメリカの日常生活を楽しんでいただければと思います。

くわしい目次はコチラ

※製品版は、ヨコ書きです。下記プレビューはPC向けです。

細かすぎて日本人が知らない海外事情


本書『アメリカで知った日常英語』は、ライブドアブログ『ツカウエイゴ』を著者みずから電子書籍化したものです。

日本人のRihoさんが現地生活のなかで疑問に感じたこと━━アメリカならではの英語の言いまわしや交通標識の意味、スーパーマーケットにおいて感じた食文化のちがい。

ハリウッド映画や海外ドラマのなかでよく見かける━━小切手(チェック)のくわしい使い方、チップにまつわる複雑なルール、現代アメリカ人がテキストメッセージ(携帯メール)で使っている顔文字や略語の意味。

ほかにも「ハッピー・バースデー」「メリー・クリスマス」という言いまわしは、アメリカでは言葉足らずとして受け取られてしまう━━その理由など。かならず役立つ例文をたくさん収録しています。

関西弁でまなぶ日常英語


日本のフォームは該当する項目に普通チェックマークを入れますが、アメリカのフォームは基本✕印です。

そのため、プレイステーションのコントローラーも、日本では○印が決定ボタンになっていますが、こちらでは✕印が決定です。

アメリカで知った日常英語』から引用。以下おなじ

あちらでは書類を提出することが多いので、かなり重要なお話です。

チップはあくまで、自分がサーバーから受けるサービスに対して支払うもの。いくら料理がまずかったり、メニューが少なかったり、値段が高かったりしても、それはサーバーさんのせいではありません。

これは知りませんでした。サーバーとは「給仕」のことです。チップ=心付けと解釈するならば、温泉旅館の仲居さんへの対応とよく似ています。

このような事例をはじめとして、興味ぶかいアメリカ現地文化やネイティブ英語の言いまわしを知ることができます。

【日常生活編】
1. PAM クッキング・スプレーの裏面で目にした「pull off」の意味とは?
2. カフェなどでよく見る "half & half" は何と何のハーフ?
3. アメリカの広告で目にしたアルファベット表示の電話番号のかけ方とは?
4. 標識で見かける「YIELD」の意味とは?
5. スーパーなどでよく見る「Buy 1 Get 1 FREE」の意味とは?
6. 人にも物にも使われる「available」の意味とは?
7. 牛乳パックに書いてあった「half gallon」の意味とは?
8. コインランドリーに書かれていた「LAUNDROMAT」の意味とは?
9. ビールの箱で目にした「complimentary」の意味とは?

【日常筆記編】 4項目
【メール / レター編 】 10項目
【コラム〜英語の勉強法について〜】

くわしい目次はコチラ

ユニークなのは、登場人物がみな関西弁であるということ。
京都出身の著者はともかく、アメリカ人である夫のジェガーさんやジェガーママも「しゃーない」とか「手羽先、安いで」などと会話しています。(あえて関西弁に翻訳している)

感想


本書『アメリカで知った日常英語』の著者Rihoさんは『ツカウエイゴ』というブログを運営しています。livedoor Blogを利用しており、そのおかげで書籍化をスムーズにおこなうことができたそうです。

【参考】ライブドアブログで、電子書籍。 - EPUB / 縦書き / Kindle対応

ブログ『ツカウエイゴ』は、アメリカで生活している日本人女性のRihoさんが、英語学習の記録と、遠くはなれた日本に住んでいる家族への手紙を兼ねて始めたものです。

それを自分で電子書籍化したものが━━いまでは、AmazonのKindleストアにおいて有名出版社の英語本と肩を並べています。

このように。はじめから意気込まなくても、ときどき書きとめた文章が積み重なれば、本人でさえ想定していなかった価値が生まれることがあります。ブログの効用です。

電子書籍をつくるための良いソフトウェア(EPUB3::かんたん電子書籍作成でんでんコンバーター一太郎)は、いくつも存在しますが━━
ライブドアブログは、簡単に文章や写真やマンガなどを記録することができて、いつでも気が向いたときに「あなたの本」を作ることができます。

参考リンク


冬休みの宿題にどうぞ! ライブドアブログでEPUBの電子書籍を作る方法

はじめからlivedoor Blogを使っていなくても、電子書籍にしたいテキストや画像があれば、コピー&ペーストで利用することができます。

Kindleストアでサンプルが無料で読めます。お試しください。(スマートフォン、タブレットでもOK)


「ためになる」度
★★★★★(5)
「ユニーク」度
★★★★☆(4)
「満足」度
★★★★☆(4)
「総合」
★★★★☆(4)


著者について


Rihoさん(@tsukaueigo)。1985年、京都府生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2009年に渡米。有料メルマガを発行している。[無料版あり] ゴガクの達人 - BLOGOS(ブロゴス)メルマガ

あなたの一冊をレビューします


つんどく速報では、電子書籍のレビュー候補を受け付けています。
ご応募はこちらから。
おもしろい電子書籍を教えてください(自薦・他薦を問いません)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット